パンダに会いに北京動物園へ行こう!

中国といえばやはりパンダでしょう!

中国といえばやはりパンダでしょう!

中国=パンダという公式が成り立つ人も少なくないはずです。中国が嫌いという人でもパンダの可愛さには心を開かずにはいられないでしょう。もっともパンダはその可愛さとは裏腹に、想像以上に凶暴なのは意外と知られていません。なんせ熊ですから、目の周りのタレ目な感じの模様の奥では目を光らせているのです。

それはともかく、せっかく中国に来たのですから本場のパンダを見ておくべきでしょう。北京では北京動物園にパンダがいます。もちろん北京においてもパンダは人気者で、パンダエリアの前には大勢の人だかりができます。でも、わりとみんな一目見たらそれで満足するようで、粘っていればいい場所でパンダを見ることが出来ます。

お土産のパンダグッズもなかなかです。少し割高ですが、ぼったくり価格ではないので中国の観光客のほうが買ってるイメージがあります。おそらく空港でパンダグッズを買うよりは安いし種類もあるので、お土産にパンダグッズをと考えている人はぜひ北京動物園で買いましょう。

もちろんパンダ以外にもたくさん動物がいます

もちろんパンダ以外にもたくさん動物がいます

この北京動物園の魅力はパンダだけではありません。日本で見ることが出来ない動物がたくさんいます。本気で見て回ろうと思ったら1日がかりです。絶対にマラソン前日に北京動物園に行こうとしないでください。行くならさっと行ってさっと戻るぐらいの気持ちの切り替えが必要です。全部見ていると確実に足がパンパンになります。

全部見ようなんて欲張る必要はありません。まずはパンダを見て、あとはのんびり散策するぐらいの余裕をもって見て回りましょう。