これだけは日本で買っておくべきもの

北京に行ったことのない人には想像することもできないかもしれませんが、北京は大都市です。必要なものはだいたい手に入ります。それが日本特有のマニアックなものでない限り。ランニングシューズはナイキ、アディダス、ミズノから中国メーカーのものまでひと通り揃います。たぶん偽物ではない。いまの北京では偽物を探すほうが難しい・・・はず。

シューズだけじゃなくてランニングに必要なものを北京で揃えてみるのも面白いかもしれない。でも、これだけは日本で買っておけというものをいくつかあげておきます。

1.ウイダー inゼリー
2.5本指ソックス
3.ワセリン
4.汗拭きシート

ウイダー inゼリーは北京では買えません。それに準ずるものも見当たらりません。ゼリー状のお菓子ならありますが、あんまりカロリーが高くないので意味なしです。SOYJOYは売っています。日本にない山査子味のがあってちょっと惹かれましたが、万里の長城マラソンには不向きです。ウイダー inゼリーだけでなく、ゼリー状のエネルギー食は日本で買っておきましょう。少なくとも2013年の時点では。

5本指ソックス。そんなマニアックなものが必要なランナーというのも少ないかもしれません。でも、どうしても北京で手に入れたくなるかもしれない。たぶ ん無理。スポーツショップで聞いてみても「?」な感じでした。5本指ソックスを愛用する人は、きっと普通のソックスじゃ気持ち悪いと思います。なのでちゃ んと予備も含めて日本で買って、ならしをしておきましょう。

ワセリンはランナーの必需品のひとつです。私は使ったことがないので何とも言えませんが、必需品のわりに忘れられやすいものでもあるようです。ワセリンがないと靴擦れが出来るとかできないとか。まあいずれにしても北京では買えません。いや、ないこともないと思う。漢方の国、中国ですから、それに準ずるものがないわけがない。でも探す手間を考えたら日本で買っておくのがベストでしょう。どうしても必要ならカルフールで探すのもひとつの手ですが、あまりに広すぎて見つけられる気がしません。

万里の長城マラソンのあと、事前に予約しておけばシャワーを使うことができます。でも、フルマラソンを走った後にシャワーのところまで移動するのがめんどくさいいのです。そもそもタイムぎりぎりのゴールの場合、シャワーの時間がありません。そんなとき汗拭きシートを持っていれば、万事問題解決です!使い切れない分は食事するときのテーブルの清掃にも使えるし、トイレに紙がないときにも持っていれば助かる・・・かもしれません。

コメントを残す