受付・集合場所と移動方法について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2012年以降の集合場所は神州国際酒店(神舟国際ホテル)です。大通り沿いにあり地下鉄の駅も近くてわりと便利な立地になります。四ツ星なので、はじめて北京に来た人も不安なく利用できます。

ちょっと高いのがネックですが・・・そこはやはり四ツ星。とはいえ国内のビジネスホテル並の価格なので、当日の移動なんかを考えるとここに宿泊するのがベストかと思います。楽天トラベルからも予約できるのも便利です。

神州国際酒店は受付・説明会会場でもあります。基本的には前日の午前中から深夜まで申込受付をしています。詳細はその年によって違いますので、出発前にこのサイトのINFORMATIONなどを参照してください。説明会も行われるのでそのタイミングで受付に行くのがよいでしょう。

集合場所のホテルに宿泊しない場合、早朝に自力で集合場所に集まらなくてはいけません。集合時間は年によって違いますが、まちがいなく地下鉄の始発より早い時間です。

そうなるとタクシーしか選択肢はありません。

大きなホテルとか大きな駅の近くにあるホテルならタクシーを捕まえるのは難しくないですが、「ここに行きたい」を伝えるには中国語が必須です。最低でも集合場所の地図を持っておきましょう。その地図に最寄りの地下鉄駅が乗っているとなんとかなると思います。もちろん中国語の地図ですよ。ネットなんかでプリントアウトしておきましょう。

移動が不安な人は受付会場付近のホテルに宿泊するようにしましょう。

万里の長城マラソンの会場までは集合場所から貸切バスに乗って行きます。延々とバス移動。そして到着後に朝ごはんが配布され、ほどなくしてスタートです。

スタート時間が決まっているというよりは、到着して準備ができたらスタートになります。

受付でもらうタイムテーブルはあってないようなもの・・・さすが中国という感じですが、渋滞なども発生するためどうしても思い通りには進められません。でも、準備で焦らされることもありません。わりとマイペースで準備出来ます。トイレはどうしても混雑するので早めに行っておきましょう。

万里の長城マラソンで最大の不安はこの受付と集合だと思います。不安があれば事前に日本事務局まで質問してください。

コメントを残す