万里の長城マラソンってなんだ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
万里の長城マラソンってなんだ?と疑問を持っている人のために簡単に説明します。

『万里の長城マラソンは万里の長城を走るマラソンです』

そのまんまかよ!という適切なツッコミはごもっとも。でもよく考えてください。あの万里の長城を走るんですよ。夢と希望とロマンに溢れていると思いませんか。学校で習ったあの万里の長城でマラソン大会を開いてしまおうという無謀なチャレンジ。いったいどんな内容なのかもう少し詳細をお伝えします。

万里の長城マラソンは、2017年で16回目の開催になるちょっとだけ歴史のある大会になりつつあります。第1回は日中友好が目的でしたが、年々日本人よりも欧米人の数が増えています。2014年以降は中国人の参加も予定されていて1000人規模の大会を目指しています。

それでも日本人ありきで始まった大会なので、日本人に優しいというか、日本人が参加しやすい、ハードルの低い海外マラソンであること目指して運営しています。日本人参加者は2016年で50人を超え、ゆっくりと知名度があがっている大会でもあります。

2016年からは違う万里の長城での秋大会を開催し、1年間で2回の開催を目指しています。春は「GWに走れる海外フルマラソン」、秋は「総額5万円台で走れる海外マラソン」をキャッチコピーにして、それぞれに違う色のあるマラソン大会になっています。

基本的には日本事務局で大会のエントリー受付を行います。大会期間中は日本事務局も同行しますので、中国語が話せなくてもそれほど困ることはありません。

大事なのは「面白そう」と思うこと、あとはチャレンジする気持ちがあればOKです。北京であなたと会えることを楽しみにしています。

コメントを残す