万里の長城マラソン2016秋に格安で参加する方法

万里の長城マラソン2016秋は当初、「5万円台で走れる海外マラソン」としていましたが、弾丸での参加を可能にしていた海南航空のフライトスケジュールが変更になったため、「5万円台で走れる海外マラソン」と週末弾丸での参加が難しくなっています。

それでも格安で参加したい人のために、2016年8月31日現在での、格安での参加方法を紹介します。

万里の長城マラソンではパックツアーを用意出来ないため、手配はすべて個人で行うようにしてください。

万里の長城マラソンの参加に必要な費用

  • 大会参加費:25,000円
  • 宿泊費:1泊5,000〜10,000円
  • フライト代金
  • 現地での食事:1食500円〜1000円
  • 現地での交通費:2,000円

週末弾丸を考えない場合、土曜日の日本出国で月曜日の帰国で考えます。

宿泊費は5,000円で2泊ですので10,000円になります。土曜日の昼に到着し、月曜日の午後に帰国すると、必要な食費は5,000円もあれば足ります。

フライト代金を除いた費用は42,000円になります。

宿泊のおすすめは万里の長城マラソン2016秋の参加案内をご確認ください。移動を考えると大会前日だけは集合場所の神船国際酒店から徒歩圏内のホテルに宿泊がおすすめです。

万里の長城マラソンに参加するための格安フライト

すでに開催まで2ヶ月を切っていますので、格安フライトの選択肢は少なくなっています。

大阪出発

10/15
深セン航空 ZH9016
19:20 関空 → 22:15 北京

10/17
深セン航空 ZH9015
13:35 北京 → 17:50 関空

最安値20,190円(2016年8月31日現在のスカイスキャナー調べ)

東京出発

10/15
羽田空港発 JAL JL25
16:50 羽田 → 19:45 北京

10/17
北京国際空港発 JAL JL860
10:45 北京→ 15:30 成田

最安値36,272円(2016年8月31日現在のスカイスキャナー調べ)

東京からのフライトを上海経由にすることで、1万円近く下げることが可能になります。ただし、北京までかかる時間が倍になりますので、どうしても安くしたい場合を除き直行便がおすすめです。

海南航空を利用する場合は、15日出国20日帰国(19日出発)で、フライト代金は2万円に抑えることも可能です。この場合は、大会の開催日以降の宿泊に、北京市内のゲストハウスなどを利用することで宿泊費を抑えることが可能になります。

万里の長城マラソンに格安で参加するには

万里の長城マラソンには6万〜8万円での参加が可能になります。ただし、航空券は直近になればなるほど値上がりしますので、早めにスケジュールを決めて航空券を抑えてください。

フライトでお悩みの方は、日本事務局にご相談ください。

お問い合わせ:http://greatwallrun.com/contact/