北京のソウルフードを食すべし!

北京での楽しみのひとつは間違いなく『食』にあります。口にあうあわないいろいろあると思いますが、それも含めて中国料理の奥の深さを楽しめるのが北京のよいところです。

そんな北京で食べておきたい地元民のソウルフードとも言える食べ物を3つ紹介しましょう。

1.羊串(ヤンチュアル)

P4285213

羊肉は匂いが苦手という人もぜひ試してください。中華4千年の歴史は伊達じゃありません。何千年も昔から羊を食べてきたのですから臭みなんて、彼らはいくらでも消す方法を知っています。羊肉を上手に串にさし、炭火でじっくり焼いていきます。ビール片手に羊串はもうやみつき間違いなしです。

2.煎饼(ジエンビン)

IMG 1219

中国版お好み焼きといったところでしょうか。わたしの朝ごはんの定番でもあります。お好み焼きのように溶いた小麦粉を鉄板に広げ、そこに卵やら野菜、ソーセージなんかを入れていきます。辛い味噌をつけるかどうかでまた味が少し変わってきます。お店によって微妙に味が違うので、好みの屋台をみつけたときは本当に1日幸せ気分でいられます。

3.臭豆腐(シュウドウフ)

P4295386

これほど中国人と日本人の味覚の違いを語るのにわかりやすい食べ物はないでしょう。中国人の大好物、日本人は匂いを嗅ぐことすらできない。とはいえ慣れるとその匂いも癖になります。食べてみるとただの揚げ豆腐なんです。ところが、しばらくするとまた食べたくなる。臭豆腐の匂いがしてくるとついつい屋台を探してしまいます。1人でいきなり挑戦するにはハードルが高いのですが、複数人でひとつ買ってみるといいかと思います。

コメントを残す