北京でインターネットに接続する方法

海外に出たときぐらい煩わしいネットから開放されたい気持ちもありますが、仕事の連絡をメールでぐらいなら受けておきたい人は少なくないはずです。観光地やレストランの情報も現地で調べたくなることもありますし、飛行機の前日チェックインもネットにつながらなくてはできません。

北京ではインターネットにつなぐ環境に不自由しませんが、お国柄facebookやtwitterには接続できません。日本のサイトもいくつかは接続ができません。VPNを利用すればできないことはないのですが、少し話が複雑になるので、根本的に繋がらないサイトがあるという認識でいてください。

北京のネット事情を含め、インターネットに接続するための方法をいくつか上げておきます。

1.国内で使っている携帯キャリアのローミングサービスを利用する

最も手軽で、最もお金のかかる方法です。SoftBank、au、docomoともに定額2980円/日と考えておきましょう。実際は2段階定額ですが、ほとんどの場合1段階目の定額はあっという間に超えてしまいます。2日ぐらいならまだこれでいいのですが、1週間にもなると2万円以上になるのでおすすめはできません。

2.ホテルでインターネットに接続する

ほとんどのホテルでネットに接続できます。ただし、ホテルによっては無線LANなのか有線LANなのかは違ってきます。インターネットに繋ぐための端末がPCなのかタブレットなのかスマホなのかによって変わってきますが、小型の無線LANルーターを持って行くと便利です。

3.街中で無料のWiFiを利用する

どこでも使えるというわけではありませんが、街中で無料の無線LANにつなぐことができます。最もつながりやすいのはちょっとおしゃれなカフェです。スターバックスももちろんネット接続が可能です。その他の飲食店でも若者向けのお店であれば繋がることがあります。ただ、接続ポイントがあまりにも少ないので、あまり期待しないほうがよいでしょう。

4.中国でSIMを購入する

最も安く、最もハードルが高い方法です。まずSIMフリーのスマホが必要です。iPadやiPad miniであればSIMフリーでなくても使える可能性があります。SIMそのものは空港で買えます。街に出ると英語が通じない可能性が高いので、時間に余裕があるなら空港で購入することをおすすめします。
少し古い記事ですが下記リンク先で詳細が欠かれています。

海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「中国・北京」編

5.国内でルーターをレンタルする

GLOBAL WiFiなら525円/日でレンタルできます。これだけでネットし放題です。キャリアの定額制とは比べ物にならない安さです。北京でSIMを購入する自信がない人はこれで十分です。ほかにも「いもとのWiFi」なんかが有名どころです。使いやすい方を選びましょう。


北京での練習は必要か?

万里の長城マラソンで良い結果を出すにはある程度早い段階で北京入りするのがよい。飛行機移動は想像以上に体力を消耗するものだ。理想は3日前に現地入りして中国に慣れておくのがよいでしょう。

ただ早めに現地入りするとどうしても体を動かさないと不安になってくる。1日に1キロでもいいから走っておきたくなる。私も最初はそうでしたが、よくよく考えれば観光だけで1日1万歩以上余裕で歩いています。体を動かすという意味では観光だけで十分です。

それでもスピードを出して筋肉に刺激を入れたいという場合はどうするか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAまず、街を走ろうとは思わないでください。自動車の運転が荒いので事故につながる可能性が非常に高くなります。歩道にしてもきれいに舗装されている場所はあまりありません。小さな凹凸がたくさんあり、ケガの可能性もあります。

どうしても走りたい場合は午前中の公園がよいでしょう。北京には多くの公園があります。有料の公園もあれば無料の公園もあります。午前中なら地元の人も公園を走っていたりします。個人的には后海や西海・前海なんかが走りやすいのではないかと思います。ただ、観光地なので昼過ぎからは走れる環境ではなくなるので注意が必要です。

PM2.5の問題もあるので、空気が悪そうなときは走らないようにしましょう。北京市内の空気が悪くても万里の長城は空気がきれいである可能性が高いので、マラソン大会そのものはあまり気にしなくてもよいかと思います。ただ、事前練習で体を動かしたいことを優先して悪い空気の中を走ることはオススメできません。

万里の長城マラソンに限ったことではありませんが、事前練習のやり過ぎには気をつけましょう。過ぎたるは及ばざるが如し。国内で十分な練習を積んで、北京では疲労回復に務めるのがベストだと思います。

せっかくなので北京でマッサージを受けてから挑もう

万里の長城マラソンの前に北京入りをして観光を満喫していると、いつの間にか足が重くなってマラソンどころではないぐらい疲労してしまうことがあります。
北京の観光地はどこもスケールが大きくて、地図で確認して「これぐらいなら歩こうか」と判断したら1時間近くあるくことになったりすることが珍しくありません。1日の終りは毎日足がパンパンになって眠りにつくことになります。

そういうときはやはりマッサージを受けるべきでしょう。せっかく中国にいるのにマッサージを受けないのはもったいない。特に足裏マッサージはつかれた足には効果絶大でしょう。
よいお店はわからないときはガイドブックを参考にすればハズレはそうそうありません。多少高くつきますが、ハズレを引いてしまうよりもマシでしょう。日本人に人気なのは麦子にある松霖保健だそうです。安くて腕もいいということなので私も今度行ってみようと思います。

ただし、このマッサージ。前日なんかにやってしまうとかえって疲れが出てしまうということがあります。何日前にやるのが効果的なのかは事前に日本で試しておくのがよいかもしれません。マラソン大会の前日、前々日などマッサージを受けた結果、レースにどう影響したのかを把握しておくといいと思います。
そこまで準備できないという人は前々日の夕方にマッサージを受けるとよいでしょう。そもそも前日は受付や説明会でドタバタするので、マッサージを受ける暇はないかと思います。

逆にレース後のマッサージですが、これはしないほうがいいでしょう。人生でこんな筋肉痛になったことはないというレベルで足が痛くなります。階段も下りられなくなります。そんな状態でマッサージを受けても痛いだけです。その代わりストレッチは毎日しておきましょう。帰国してからの回復に差が出ます。

日本から持ってくるのを忘れたグッズを買いに行く場所

万全の準備をしていたつもりでも忘れ物というものは発生してしまうものです。
なくてもいいかなと思うようなものならまだいいのですが、ランニングウェアだったりシューズなんかを忘れた場合は、マラソン大会そのものへの参加が厳しくなります。

それでも北京は大都市ですので、だいたいのものは入手できます。ただ初めての人や観光地しかまわっていない人にはどこで買い物すればいいのかわからない場合は多いと思うので、どこで何を買うのがよいか紹介したいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAランニンググッズ
三里屯VILLAGE:ナイキ、アディダスの直営店があります
王府井・天元利生体育商廈:スポーツ用品専門のデパートです
王府井・東方新天地:アディダス、ロット(Lotto)、ミズノ、ニューバランス

電化製品
三里屯VILLAGE:AppleStore
中関村:なんでも揃いますが、玄人向きです
イトーヨーカ堂、カルフール:必要な物はだいたい揃います

衣類
三里屯VILLAGE:流行の最先端なのでブランド物が揃います
西単:北京の原宿・渋谷といった雰囲気で格安で衣類を購入できます
南罗鼓巷:ちょっとおしゃれな中国テイストのお店があります
ユニクロ:いろんなところにあります

雑貨(歯ブラシ、ティッシュ等)
セブンイレブン:日本とほぼ同じ感覚で使えます
イトーヨーカ堂、カルフール:必要な物はだいたい揃います
ランニンググッズは中国ブランドの製品を買うと自分へのおみやげにもなります。シューズはさすがに有名メーカーのものがよいかと思いますが、ウェアはなかなかおしゃれでいいですよ。
LI-NING:中国トップのスポーツメーカー
361°:おすすめ度No.1!おしゃれなウェアがそろいます

万里の長城マラソン前日の過ごし方

せっかく北京に来たのだから観光し尽くしたい気持ちはわかりますが、大会前日だけは計画的に疲れの残らないようなスケジュールを組みましょう。

大会前日は受付と説明会があります。受付は午前9時から午後8時まで。で説明会はおそらく午後1時前後になるでしょう。説明会は必須ではありませんが、できるだけ参加されることをおすすめします。コースやスケジュールの説明、質疑応答などがありますが、同じ日本人参加者に会えることで大会に向けて気持ちが落ち着けるのが参加してもらいたい最大の理由です。

そう考えると、前日は午前中に観光して、ランチを食べたら受付と説明会に向かうのがよいでしょう。説明会で日本人をみつけて一緒に晩ごはんなんていうのもよいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前中の観光ですが、できるだけ歩かないところか、歩かないように心がけるのがよいでしょう。そう言いながら、実はおすすめするのは北京動物園です。理由は単純で、受付場所の神州国際飯店に近いからです。動物園から徒歩での移動が可能です。ただ、繰り返しになりますが、歩き過ぎは注意です。動物園はものすごく広いです、すべてをじっくり見ながら回ると1日かかるレベル。なのでパンダとあと少し見れればよいかなという感じがベストです。

本当は散策程度が一番なんですが、北京はどこに行っても長い距離を歩くことになります。故宮なんて行ったらえらい目にあいます。かと言ってショッピングでのんびりしたくても、お店が11時ぐらいからしか開いてなかったりするわけです。前海や后海を本を読みながら散策して茶家博でお茶をするというのが一番理想ですが、ここも10時開店でも10時にやっているとは限らないのが中国なのです。

万里の長城マラソンに向けてしっかり準備をしたいのであれば、予定をつめ込まずにゆっくり過ごすのが一番です。万里の長城マラソンも観光もどっちも大事だという人は午前中だけがっつり遊びましょう。万里の長城マラソンはおまけだと言い切れるなら、当日午前3時台の集合時間まで遊びつくしましょう。

万里の長城マラソン前日の食事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

万里の長城マラソンは長時間のレースになります。なので一番こわいのがハンガーノックです。10時間近く走れば、どれだけ事前に準備していてもハンガーノックの危険性からは逃れられません。いかにしてレース中にうまく補給するかが重要です。ただ、ハンガーノックのリスクを少しでも減らすために、そして大会当日のコンディションを高めるための前日の食事について考えてみましょう。

まず避けるべきものがあります。それは唐辛子の入った料理です。まさか前日にそういうものを食べることは考えにくいですが、訳もわからず注文してしまうこともあるでしょうし、適当に入ったお店が火鍋専門店だったとかも考えられます。とにかく辛いものは避けましょう。胃の調子が悪くなったらとてもじゃないけどフルマラソンには耐えられません。

やはりオススメは炭水化物ということになります。ただ、マラソン前に向いていると言われるパスタの美味しいお店というのは北京ではなかなか見つけられないでしょう。しかも北京まで行ってパスタというのはどうかと思います。それはそれで話のネタにはなりますが。せっかく北京にいるわけです。北京ならではの炭水化物に注目してみましょう。

一番良いのが麺類でしょう。とはいえ中国の麺はいろんな種類があって、何を選んでよいかわからないかもしれません。しかも日本のラーメンとは違うので、私は好みの麺があまりありません。基本的には面総面というお店でしか食べないようにしています。このお店の麺は日本のラーメンとは違うけど、中華の麺のような残念感もありません。お店も若者向けで清潔感もあるのでかなりオススメです。

1人で食べるなら麺ですが、何人か一緒に食べるならやっぱり餃子でしょう。中国の餃子は基本的に水餃子です。専門店になると何十種類もの餃子を楽しめます。1人で行くと食べれる量と種類に限りがあるのでもったいない感じがします。街の小さなお店だと、1人前の餃子もあったりするのでメニューを確認してみましょう。

炭水化物できっちりと三食摂ることを心がけてください。朝は小籠包、昼は麺、夜は餃子といった感じが理想です。アルコールは可能な限り摂取しないのがベストですが、中国のビール1杯ぐらいならアルコール度数が低いので大丈夫です。間違っても飲み過ぎないようにしましょう。

またマラソン当日の朝は早いので、前日の晩ごはんは夕方5時ぐらいにしておくのがいいでしょう。

万里の長城マラソン持ち物リスト

万里の長城マラソンの持ち物リストです。

絶対に必要なもの
パスポート:そりゃ必要でしょ…
航空券:基本的にはeチケットで、ANAならiOSアプリのPassbookが超便利!
現金:宿泊費込+滞在日数×5千円がひとつの目安です
クレジットカード:使えないこともあるので2種類あるとよいです
衣類:日本と同じ格好でよいでしょう
寝間着:日本のように用意されていないことが多いです
ランニング道具一式:忘れたらいったい何をしに行くのですかとなるわけです
携帯電話:なんらかの連絡手段は確保してください

あると便利なもの
ホテルの予約票:印刷忘れて言葉も通じず大変な思いをしました
ガイドブック:ガイドブックそのものより付属の地図が便利です
ウェットティッシュ:いたるところ拭くのに必須です
ビニール袋:汚れた衣類を入れたり、何かと役に立ちます
ランニング帽子&サングラス:晴れると日差が直撃します
軽食:エイドは充実していないのでゼリーなどを用意しましょう
ランニング用リュック:軽食や水を背負って走るのに使います
タブレット or PC:ホテルでネットに繋げることができます
小型Wi-Fiルーター:ホテル部屋は有線なことが多いです
デジカメ:思い出は記憶だけではなく記録もしておきましょう
ペン&メモ帳:入国書類の記入や筆談に使います
ティッシュペーパー:トイレに紙がないことが普通にあります

必要かもしれないもの
雨具:必要だったことはないのですが…

必要な人には必要なもの
ワセリン:北京で手に入れにくいと思います
爪切り:日本で切ってから行けばいりません
各種充電器:だいたいのものはそのまま使えます
シャンプー:ホテルのものが肌に合わない人は普段使いのものを用意しましょう
常備薬:胃が弱い人は胃腸薬も持って行ったほうがいいでしょう
海外損害保険の保険証:カードに保険が付いている場合はいりません
歯ブラシセット:中国の歯ブラシは変です…
洗濯セット:長期滞在の場合はあると荷物を減らせます

万里の長城マラソン対策練習メニュー

万里の長城マラソンを完走するには気合だけでは不十分です。十分すぎる練習をして、それでも残りは気力で乗り切るというのが万里の長城マラソンです。もちろん苦しいだけじゃありませんが、苦しさを少しでも減らすにはやはり事前の練習が不可欠です。

万里の長城マラソン攻略のためには2種類の練習が有効になります。

  1. 8時間以上のハイキング
  2. アップダウンの激しいトレイルラン
  3. 階段昇降

まず、万里の長城マラソンは長時間走になります。特に2013年以降はトップランナーでも8時間近いゴールタイムが想定されます。ということは一般のランナーならば9時間10時間と走り続けることになるわけです。実際に私は10時間近く走ることになりました。距離は42.195キロなのでほとんど歩いているようなものです。実際には走っているのですが、走っている時間は意外と短いものです。大事なのはそれだけの時間動き続けられるかということです。

IMG_3322

これに適した運動としてハイキングがあります。日本国内あらゆるところにハイキングコースがあります。これらを利用するのです。朝から晩まで歩けるようなコースがよいでしょう。エスケープルートがあるコースが最適ですが、ハイキングなので難しく考えすぎる必要はないでしょう。ただし、1回では不足です。2月〜3月に2回以上歩くのが理想です。

長い時間歩くことに体が慣れたら、次はアップダウンに対応した筋肉づくりです。これに適しているのがトレイルランです。できるだけアップダウンがあったほうがよいでしょう。一方的に上って、一方的に下るタイプよりも、上がっては下りての繰り返し、山の嶺を走るようなコースが最適です、関東なら箱根外輪山や大山なんかが適しています。関西だと六甲縦走がよいでしょう。30キロ前後を4月に2回走れればOKです。

あとは普段の練習の後に階段の昇り降りを入れておきましょう。万里の長城マラソンの半分は階段だと言っても過言ではありません。いかに筋肉に負担をかけずに階段を通過するかが重要なポイントになってきます。階段を制するものが万里の長城を制するのです。筋肉的にもきつい練習ですが、これをするのとしないのとではレース翌日以降の筋肉痛もまったく変わってきます。せっかくの北京を楽しむためにも、必ずやっておきましょう。

ここまでやれば、万里の長城マラソンの完走が見えてきます。逆に言えばここまでやらずに完走するのはよほど走力のあるランナーだけです。練習不足でリタイアなんて悲しい結果にならないためにも、しっかり走りこんでいい準備をしましょう。

補給を制するものが万里を制する

万里の長城マラソンと他のマラソンとで大きく違うのは「補給」です。世界のフルマラソンまでは知りませんが、日本のフルマラソンでは5キロごとぐらいに補給ポイントがあって、水・スポーツドリンクだけじゃなく、バナナやパン、ご当地の名物なんておいてあったりします。エイドステーション楽しみのひとつになっている大会すらあります。

万里の長城マラソンの場合は『水』とわずかな『補給食』だけです。かなりこまめに水分補給はできると考えてよいです。こんな先まで水を担いで歩いてきたんだと思うと、ボランティアの人たちに感謝せずにいられません。荷物にならないのであればペットボトルごと水をもらえます。

が、しかし。基本的には水しかないのです。4時間以内にゴールするのならぎりぎり間に合います。でも6時間も走るなら当然お腹がすいてきます。2013年はコースが変わってトップランナーでも8時間近くかかっています。お腹がすいても、いやハンガーノックになっても補給は水しかないのです。普段の生活でも6時間も何も食べなければ空腹になります。

そうなったらもうマラソンどころじゃありません。何かの修行かガマン大会。多くのランナーがこの罠にハマっているように感じます。

でも、この記事を読んだ人は大丈夫です。水しかないと最初からわかっているのだから、自分で用意すればいい。ランニング用のバックパックを背負って、そこに食料を入れておきましょう。ペットボトルも収納できるので便利です。

食べ物も必ず持って行きましょう。バナナが補給食としてもらえるかもしれませんが、バナナだけで8時間も9時間もは走れません。一番いいのは『ウイダー inゼリー』です。もちろん、エネルーギーインですよ。間違ってビューティーインなんて買わないようにしてください・・・。ローヤルゼリーインならまだなんとかなるかもしれませんが。長時間走ることを思えばVAAMも空腹対策には効果があるかもしれません。

私は初参加の年に、北京の街でパンを買ってバックに仕込んで行きました。この選択は大失敗でした。気温が高くて乾燥しているため、パンを口に入れた瞬間に、パンが口の中 の水分を全部持っていってしまったのです。パンで脱水症状になるかと思いました。2個持っていったのに空腹にもかかわらず、1個は食べきれず残してしまいました。

話はそれますが、北京でも最近は日本と変わらないおいしいパンが買えます。「なんじゃこりゃ?」なパン屋さんも多いのですが、おしゃれなパン屋さんもちらほら見かけます。

とにかく、レースに時間がかかると判断したなら栄養源を確保しましょう。大会側が用意してくれるなんて甘いことは考えないことです。年々改善されているのでなんとかなるかもしれませんが、基本的には自分で用意したほうがよいと思います。

ゴール後にはパンやらバナナが用意されています。ビール売りのおっちゃんもいますし、少し歩けば食堂もあります。なので走るときの分だけ用意すればOKです。

うまく補給をして、納得のいく走りを目指しましょう。

これだけは日本で買っておくべきもの

北京に行ったことのない人には想像することもできないかもしれませんが、北京は大都市です。必要なものはだいたい手に入ります。それが日本特有のマニアックなものでない限り。ランニングシューズはナイキ、アディダス、ミズノから中国メーカーのものまでひと通り揃います。たぶん偽物ではない。いまの北京では偽物を探すほうが難しい・・・はず。

シューズだけじゃなくてランニングに必要なものを北京で揃えてみるのも面白いかもしれない。でも、これだけは日本で買っておけというものをいくつかあげておきます。

1.ウイダー inゼリー
2.5本指ソックス
3.ワセリン
4.汗拭きシート

ウイダー inゼリーは北京では買えません。それに準ずるものも見当たらりません。ゼリー状のお菓子ならありますが、あんまりカロリーが高くないので意味なしです。SOYJOYは売っています。日本にない山査子味のがあってちょっと惹かれましたが、万里の長城マラソンには不向きです。ウイダー inゼリーだけでなく、ゼリー状のエネルギー食は日本で買っておきましょう。少なくとも2013年の時点では。

5本指ソックス。そんなマニアックなものが必要なランナーというのも少ないかもしれません。でも、どうしても北京で手に入れたくなるかもしれない。たぶ ん無理。スポーツショップで聞いてみても「?」な感じでした。5本指ソックスを愛用する人は、きっと普通のソックスじゃ気持ち悪いと思います。なのでちゃ んと予備も含めて日本で買って、ならしをしておきましょう。

ワセリンはランナーの必需品のひとつです。私は使ったことがないので何とも言えませんが、必需品のわりに忘れられやすいものでもあるようです。ワセリンがないと靴擦れが出来るとかできないとか。まあいずれにしても北京では買えません。いや、ないこともないと思う。漢方の国、中国ですから、それに準ずるものがないわけがない。でも探す手間を考えたら日本で買っておくのがベストでしょう。どうしても必要ならカルフールで探すのもひとつの手ですが、あまりに広すぎて見つけられる気がしません。

万里の長城マラソンのあと、事前に予約しておけばシャワーを使うことができます。でも、フルマラソンを走った後にシャワーのところまで移動するのがめんどくさいいのです。そもそもタイムぎりぎりのゴールの場合、シャワーの時間がありません。そんなとき汗拭きシートを持っていれば、万事問題解決です!使い切れない分は食事するときのテーブルの清掃にも使えるし、トイレに紙がないときにも持っていれば助かる・・・かもしれません。